The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第167号:
お知らせ2件


==================================================
日本堆積学会 メールニュース ◆2007年2月1日(167号)
==================================================

日本惑星地球科学連合「男女共同参画委員会」委員の岡崎会員よりシンポジウ
ムのお知らせが,鹿島会員より日本地形学連合春季大会のお知らせが届いてい
ます.
末尾にこのメルマガと同内容のファイルを添付いたしました.事務局では,文字化
けが生じないよう注意を払ってメルマガを作成しておりますが,もし内容がわから
ない箇所がある場合には,ご面倒をおかけして申し訳ございませんが,添付ファイ
ルを参照していただけますようお願いいたします.(大村)

------------------------------------------------------------------------
日本地球惑星科学連合2007年大会「男女共同参画2007シンポジウム」のお知らせ
------------------------------------------------------------------------

5月19日(土)〜24日(木)に千葉幕張メッセ国際会議場において行われます連合
大会では,男女共同参画シンポジウムが開催されます.

1.一般公開プログラムですので,投稿料無料です.
 多くの学会からポスターの投稿のお願いいたします.
 締め切りは2月14日です.

2.一般公開プログラムとして
 5月19日または20日に開催されます.
 日程が決まり次第お知らせいたします.

3.一般公開プログラムへの参加費は無料です.
 詳細が決まり次第,宣伝ポスター作成予定です.

4.テーマ
 地球惑星科学の明日を考えるー男女共同参画の視点からー

5.現状のプログラム案は以下のとおりです.敬称略,題は実行委員会想定の仮題
です.
  0)挨拶 中村正人 日本地球惑星科学連合総務委員長
  1)科学技術政策および学術の分野における男女共同参画
   司会 佐藤薫 各講演20分質疑10分 合計90分
 1)男女共同参画学協会連絡会の活動 大隅典子(東北大学教授,学協会連絡会前会
 2)科学技術政策からみた男女共同参画(仮題) 
     久保真季(日本学術振興会総務部長)
 3)御茶ノ水大学の取り組み(仮題) 
     菅本晶夫(御茶ノ水大学教授,「女性研究者育成」事業の副責任者)
  2)地球惑星科学における男女共同参画の取り組み,若手研究者を巡る諸問題      
   司会 中村卓司 40分
   1)産総研 宮下由香里
   2)地球電磁気・地球惑星圏学会 長妻 努
   3)地震学会 田島文子
  3)総合議論 司会 富樫茂子 50分
 連合男女共同参画委員会の報告を含む(各学会の動向把握も含む) 
     前田佐和子・杉田文
 前半の講演内容を受けて,会場全体での総合討論とする.
  4)ポスター展示予定 (現在までにご連絡いただいているもの)
 雪氷学会 紺屋恵子
 地球電磁気・地球惑星圏学会 長妻 努
 地震学会 田島文子
 学会保育室 森尻理恵
 連合男女共同参画委員会(各学会の動向把握も含む)前田佐和子・杉田文

今後の予定
 1月10日: 投稿受付開始
 2月14日正午 投稿締め切り

------------------------------------------
日本地形学連合2007年春季大会のお知らせ
------------------------------------------

期日:2007年3月17日(土),18日(日)

会場:京都大学宇治キャンパス 化学研究所共同研究棟 大セミナ室
(〒611-0011京都府宇治市五ヶ庄,防災研究所と同じキャンパスです)

プログラム:
3月17日(土)
 9時30分〜12時 一般研究発表
 13時〜17時 特別講演
  斎藤文紀(産総研)アジアの巨大三角州はどのように形成されてきたか
  前田保夫(兵庫県立大学)19,000年前以降の海面上昇”縄文海進”について
  増田富士雄(同志社大学)相対的な海面変動が支配する地層の累重と地形の形成
 17時〜18時 総会
 18時〜20時 懇親会(生協宇治食堂)
3月18日(日)
 9時〜12時 一般研究発表(口頭)
 13時〜14時 一般研究発表(ポスター発表コア時間)
 14時〜17時 一般研究発表(口頭)

※なお講演開始時刻,終了時刻などは講演数によって変更いたします.

大会参加費:一般 1,000円,学生・院生 500円
懇親会:一般 5,000円 学生 2,500円(予定)

研究発表の申し込み期限:2007年2月4日(日)
申し込み先:
     〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄 京都大学防災研究所 日本地形学連合
発表申込用E-mail: jgupresen@slope.dpri.kyoto-u.ac.jp
E-mailまたは葉書に,以下を明記の上,申し込んでください.今回の一般研究発表
は,口頭発表とポスター発表です. 1)発表者全員の氏名(所属),2)発表題目,
3)連絡先(e-mailアドレスも必ず併記のこと), 4)希望する発表形式(A:口頭発表,
B:ポスター発表).口頭発表者は,使用する機材(PCプロジェクター,OHPなど)の
希望もあわせて御連絡下さい. なお,E-mailで申し込まれた方には,1週間以内に
受理の返信をだします. 返信が届かない場合には,事務局まで再度ご連絡を
お願いいたします.

大会に関する問い合わせ先:
諏訪浩(京都大学防災研究所地盤災害部門) suwa@slope.dpri.kyoto-u.ac.jp

注記:ポスター貼付用として,縦1.2m×横1.8mのパネルを40枚まで用意できます
(通常の縦長のパネルではありません.横長です.横長のポスターを推奨します.
AGUなどのポスター用パネルとほぼ同じものです.ポスター発表が40件を超える
場合には,加えて縦1.2m×横0.9mのパネルを30枚まで用意できます.こちらは縦
長です)

======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;taiseki@sediment.jp
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.