The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第161号:
公募のお知らせ1件


==================================================
┏━━┓
┃\/┃ 日本堆積学会 メールニュース ◆ 2006年 11月 24日(第161号)
┗━━┛
==================================================


 千葉大の伊藤会員より千葉大教員公募のお知らせが届いています.(白井)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
千葉大学地球科学科助教授公募
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


関係機関の長 殿
関係学部の長 殿
関係学科の長 殿

千葉大学理学部地球科学科
教員選考委員長
佐藤 利典


皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度千葉大学理学部地球科学科では、下記の要領にしたがい教員を公募する
ことになりました。つきましては、関係各位に周知のご手配をいただけましたら幸
いに存じます。


1.職名・人数  助教授(准教授) 1名

2.公募分野 野外における調査、観測または実験に基づいて、学際的な視点から
地球表層環境変動を意欲的に研究している方で、本学科地球表層科学講座の
教員と協力して、新しい視点から地球科学科における教育・研究を担っていただ
ける方。

3.担当授業科目 普遍(教養)科目の授業科目と野外・室内実験、学部の授業科
目と野外・室内実験、演習、卒論指導、および大学院博士前期課程ならびに博
士後期課程の授業科目と特別演習、特別研究。

4.応募資格 博士の学位を持ち、40歳くらいまでの方

5.着任時期 決定後なるべく早い時期

6.応募書類 
 a. 履歴書
 b. 業績リスト(査読論文とそれ以外を区別)
 c. 主要論文5編程度の別刷あるいはコピー
 d. 推薦状または所見を伺える方数名の氏名、連絡先等
 e. これまでの教育・研究実績と千葉大学赴任後の教育・研究計画・抱負等(A4
用紙2〜3枚程度)

7.応募の締切 2007年1 月31日(水)必着

8.応募書類の送付先および問合せ先 
 〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1−33
千葉大学理学部地球科学科
教員選考委員長
佐藤 利典
E-mail: satot@earth.s.chiba-u.ac.jp
(@を半角にしてお送りください)
Fax: 043-290-2859

 応募書類は必ず書留郵便で、封筒には「公募書類」と朱書して下さい。

9.個人情報について 教員公募に関連して提供された個人情報は、選考の目的に
限って利用し、選考終了後責任をもって破棄いたします。

10.その他 選考の過程で、必要に応じて応募者にセミナーをしていただくことが
あります。

11.地球科学科の教員構成(2006年11 月1日現在、アイウエオ順)

地球内部科学講座
 教 授 伊勢崎修弘、伊藤谷生*、井上厚行、金川久一、佐藤利典、廣井美邦
 助教授 津久井雅志、中西正男*、服部克巳
 助 手 高橋奈津子、津村紀子、古川 登

地球表層科学講座
 教 授 伊藤 慎、小竹信宏、佐倉保夫、宮内崇裕*、山口寿之
 助教授 竹内 望*、寺嶋智巳、吉田修二、(本公募)
 助 手 亀尾浩司、苅谷愛彦*、松本みどり
*大学院自然科学研究科専任教員

注:2007 年4 月より千葉大学大学院自然科学研究科は改組され、理学研究科、
工学研究科、園芸学研究科、融合科学研究科の4 研究科となる予定です。上記
の教員は全員大学院理学研究科の専任教員となり、地球生命圏科学専攻地球科
学コースに所属することになります。

 				

======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;taiseki@sediment.jp
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.