The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第143号:
公募のお知らせ4件


==================================================
┏━━┓
┃\/┃ 日本堆積学会 メールニュース ◆ 2006年 6月 8日(第143号)
┗━━┛
==================================================


 産総研の木村会員より,産総研研究職員公募の情報です.4件の募集があります
ので興味のある方,最後まで目を通してください.(白井)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
産業技術総合研究所の研究職員の公募(地質分野)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

産総研の地質分野,地質情報研究部門の研究職員の公募情報(6月23日締切)
です.
産総研では、博士課程修了者(採用予定日前に博士課程修了見込の者を含む) 
等の中から、国籍や男女の区別なく、優れた人材を広く求めるため、研究職員 
を下記の内容により公募します。
なお,募集の詳細は,http://www.aist.go.jp/ から“人材募集”→“公募選考
採用”→“地質分野”でご確認ください.問い合わせ先,応募の仕方,締め切り,
制度などの情報が得られます.


(1) 地質情報研究部門 地質リモートセンシング研究グループ
応募番号:地質情報−1
採用予定数:1名(産業技術人材型任期付研究員(仮称)) ※中堅採用の場合
もあり
応募締切日:平成18年6月23日(金)
採用予定時期:平成19年4月1日または平成18年10月1日
任期:5年((採用が平成19年4月1日の場合は平成24年3月31日ま で、平成
18年10月1日の場合は平成23年9月30日まで)
問い合わせ先: igg-saiyo@m.aist.go.jp
募集概要:
 陸域炭素・水・エネルギー収支解明、バイオマス量の空間分布パターン把握を
目的として、衛星情報・地上観測データを利用した物質循環モデルの研究に従
事できる研究者を募集する。 


(2) 地質情報研究部門 沿岸都市地質研究グループ
応募番号:地質情報−2
採用予定数:1名(産業技術人材型任期付研究員(仮称)) ※中堅採用の場合も
あり
応募締切日:平成18年6月23日(金)
採用予定時期:平成19年4月1日または平成18年10月1日
任期:5年((採用が平成19年4月1日の場合は平成24年3月31日ま で、平成18
年10月1日の場合は平成23年9月30日まで)
問い合わせ先: igg-saiyo@m.aist.go.jp
募集概要:
 第四紀地質学・堆積学に関する高度な専門性と実績があり、平野地下の沖積
層・更新統について、ボーリングコアの解析を基礎とした堆積・地形発達のモ デ
ル構築、および既存の地下地質情報を組み込んだGISデータベースと3次元的
地質モデルの構築を行い、さらに地球物理学・土質工学・地震工学の研究者と
連携して、応用地質学的研究を実施できる研究者を募集する。


(3) 地質情報研究部門 島弧堆積盆研究グループ
応募番号:地質情報−3
採用予定数:1名(産業技術人材型任期付研究員(仮称)) ※中堅採用の場合
もあり
応募締切日:平成18年6月23日(金)
採用予定時期:平成19年4月1日または平成18年10月1日
任期:5年((採用が平成19年4月1日の場合は平成24年3月31日ま で、平成
18年10月1日の場合は平成23年9月30日まで)
問い合わせ先: igg-saiyo@m.aist.go.jp
募集概要:
 新生代堆積岩・火山砕屑岩の分布する地域の地質図(5万分の1地質図幅など)
を作成し、かつ、個々の専門を活かした研究を独自に実施する能力を有する研究
者を募集する。
 地質図作成に関しては、研究を目的とした野外地質調査を実施した経験があり、
論文等で公表した地質図やルートマップによってその能力・経験を証明できるこ
と。また、防災地質・環境地質などの応用研究にも意欲を持つ研究者を望む。


(4) 地質情報研究部門 統合地質情報研究グループ  
応募番号:地質情報−4
採用予定数:1名(産業技術人材型任期付研究員(仮称)) ※中堅採用の場合
もあり
応募締切日:平成18年6月23日(金)
採用予定時期:平成18年10月1日
任期:5年(平成23年9月30日まで)
問い合わせ先: gic-saiyo@m.aist.go.jp
募集概要:
 地質学の研究実績を持ち、かつ地質情報の数値化・標準化、地理情報システ
ム(GIS)処理およびデータベース構築に関する知識・技術を有し、地質情報の
統合化を推進する研究者を募集する。また、地質情報整備やデータベース作
成に関するワークフロー管理の実績を有することが望ましい。
 				

======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;taiseki@sediment.jp
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.