The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ356号:
堆積学研究編集委員会からのご案内



========================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2010年12月2日(356号)
========================================================


--------------------------------
堆積学研究編集委員会からのご案内
--------------------------------

                         編集委員長 保柳康一


 堆積学研究第69巻1号(2010年前期号)の電子ジャーナル版がJ-STAGEで公開されいます.
 URLは 【こちら】 です.


 なお,第69巻2号(2010年後期号)は現在編集中です.2010年中に編集を終わり,冊子体は2011年2月頃に皆様のお手元にお届けできる予定です.また,第69巻2号の電子ジャーナル公開は,2011年3月頃になります.会員の皆様からのご投稿をお待ちしています.

■堆積学研究 第69巻 1号 目次

カバー・ストーリー
中条武司・小松原純子・山口悠哉・大竹左右一:長崎県対馬南西部における始新世〜中新世対州層群の大規模デルタフロント崩壊堆積物

研究報告
小松原純子・木村克己・福岡詩織・石原与四郎:沖積層ボーリングコアGS-SSS-1(埼玉県さいたま市)の堆積相と堆積物物性

ノート
大平勇一・古川克彦・ロンダン タムブン・島津昌光・小幡英二:浮力秤量法:新規な沈降法を用いた粒径分布測定

学会参加報告
鍋谷 淳:日本堆積学会2010年茨城大会巡検「久慈川の源流域から河口までを見る」参加報告
浦本豪一郎:日本堆積学会2010年茨城大会巡検第2班「五浦海岸の炭酸塩コンクリーションと常磐地域の第三系」参加報告
弓 真由子:日本堆積学会2010年茨城大会・ショートコース「石油探鉱データを使用した地下地質堆積環境イメージング」参加報告
ほか

■堆積学研究 次号予告 69巻2号掲載決定論文
論説
Arti Tomer and Tetsuji Muto:Emergence and drowning of fluviodeltaic systems during steady rise of sea level

研究報告
小松原純子・中島 礼・木村克己:埼玉県川口市在家町地区から採取された沖積層ボーリングコアの堆積物(GS-KZK-1)の堆積相および堆積物物性

ノート
青柳宏一:未来の石油資源としてのオイルシェール

ほか

===================================================


# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 日本堆積学会 事務局
  〒582-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1
大阪教育大学地質学研究室
   メールアドレス: 
   ホームページURL:http://sediment.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


INDEX 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360
上へ
©2010 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.