The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第193号:
お知らせ1件


==================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2007年8月1日(193号)
==================================================

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
高知大コアセンター全国共同利用研究課題(H19後期分)募集案内
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

高知大学海洋コア総合研究センターでは、後期分の全国共同利用研究課題を
募集しております。締切は平成19年8月31日(金)です。下記URLを御参照の
うえ、主要設備一覧に記載されている各機器の担当教員と必ず事前打ち合わ
せ行い、お申込み下さい。
 http://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/WWWCMCR_J/Cooperations/zenkyo_index.html

《注意事項》

●センター教員との共同研究等(科研等を含む)によるセンター利用についても、
全国共同利用に申請していただいて採択されてから後に行っていただくようにし
ました。平成19年10月〜平成20年3月に共同研究等を行う計画がある場合
は、当該募集に応募下さい。

●申請受付は従来どおり年2回(前期・後期)ですが、緊急に利用が必要な場合
のために、「随時受付」を設けています。ただし、これはあくまで例外的なもので
あり、高知大学海洋コア総合研究センター長が当該申請に対し学術的に重要か
つ緊急性があると認めるものだけを受付けますので、既に利用計画がある場合
は今回の募集(8/31締切のもの)に応募下さい。
以下に、随時受付可能な例を示します。

(1)当初測定予定であった機器が壊れて修理に時間がかかることが見込まれる
ため、緊急避難的に使用したい。
(2)予測不能で起こった出来事(地震発生等)に緊急に対応する必要が生じた。
(3)全国共同利用公募受付時期以後に採択された競争的資金や公募型プロジェ
クト等を得ることができ、研究計画実施上当該解析を早急に行う必要が生じた。
(4)その他やむを得ない事由(1〜3の事由に類似したものに限る。)

●19年度以降は、採択通知後に、申請者の所属長の承諾書を文書でいただく
こととしております。

●従来より、大学院生・学部生が利用に参画する場合は、教育研究活動中に生
じた事故により身体に傷害を被った場合に対応する保険(学生教育研究災害傷
害保険又は同等以上の保険)に加入していただくこととしていましたが、平成19
年度よりこれに加え、学研災付帯賠償責任保険等の他人の財物を損壊したこと
により被る法律上の損害賠償を補償する保険に加入していただくこととしていま
す。

●IODP等で採取した試料を分析することを申請書に記載する際は,「分析する試
料」欄については下記を御参照の上,間違いのないように記載して下さい。
  IODP(CHIKYU)=JAMSTEC
  IODP(JR)=NSF
  ODP(JR)=NSF
  DSDP(GC)=NSF

======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.