The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第190号:
お知らせ1件


==================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2007年7月19日(190号)
==================================================

産総研の斎藤会員から国際シンポジウムのお知らせが届いています.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
国際シンポジウムへのお誘い
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今年の11月19日〜22日に日本第四紀学会50周年事業として,「アジア・西太
平洋の第四紀」の国際シンポジウムが「つくば」で開催されます。詳しい内容は、
日本語: http://wwwsoc.nii.ac.jp/qr/50aniv/symposium.html あるいは
英語: http://wwwsoc.nii.ac.jp/qr/english/meetings/symposium2007_e.html 
をご覧下さい。サーキュラーもこれらのURLからダウンロード可能です.
 初日の午後には古海洋のセッション「西太平洋とその縁海の古海洋研究」があり、
Dr. Min-Te ChenとDr. Boo-Keum Khimの招待講演の外に、若干名の口頭発表
と多くのポスター発表を募集致します(コンビーナー:大場忠道,池原 研)。また2日
目には,「アジア・太平洋地域の沿岸環境変化と人間活動」の セッションがあります
(コンビーナー:斎藤文紀,横山祐典,ハネブス).また,全体の基調講演として以下
の4名が予定されています.
Prof. Emeritus Hiroshi MACHIDA, Tokyo Metropolitan University, Japan
   "Features of Quaternary studies in Japan, focused on tephra-based
environmental changes"
Prof. WANG Pinxian, Tongji University, China
   "Feeling the Earth's pulse from global monsoon records"
Prof. Thijs van KOLFSCHOTEN, Leiden University, the Netherlands
    "Early human history in Europe during the late Early and early Middle
Pleistocene"
Profs. David J. LOWE, University of Waikato, New Zealand, and
Rewi M. NEWNHAM, University of Plymouth, UK
    "Late Quaternary environmental change and archaeology in New
Zealand: NZ-INTIMATE project and role of tephrochronology"

 このシンポジウムで発表したい方は,9月15日までに登録用紙と要旨を事務局
までお申し込み下さい( jaqua50org@m.aist.go.jp:@を半角にしてお送りください).
皆さんの参加をお待ちしています.

[開催日] 2007年11月19日(月)〜22日(木)
[場 所] 独立行政法人産業技術総合研究所共用講堂(茨城県つくば市)
[主 催] 日本第四紀学会,産業技術総合研究所
[後 援] 国際第四紀学連合(INQUA)沿岸海洋過程委員会,国際第四紀学連合
 (INQUA)層序年代委員会,日本学術会議,ほか
[協 賛] 国際惑星地球年(IYPE)国内委員会  ほか
[日 程] 11月19日(月) : 登録,アイスブレーカー
	11月20(火)〜22日(木) : シンポジウム
[シンポジウム]
セッション1.	西太平洋とその縁海の古海洋研究
コンビーナー:大場忠道(北海道大学),池原 研(産総研)
セッション2.	ジャワ島における初期人類の編年と地質環境
コンビーナー:松浦秀治(お茶の水女子大学)
セッション3.	アジア・太平洋地域の沿岸環境変化と人間活動
コンビーナー:斎藤文紀(産総研),横山祐典(東京大学),
       Till JJ Hanebuth(ブレーメン大学)
セッション4.	酸素同位体ステージ3と2における東北アジアの環境変動と 人類の居住
コンビーナー:小野 昭(首都大学東京)
セッション5.	アジアにおける第四紀地殻変動:地形発達と人間活動への影響
コンビーナー:吾妻 崇(産総研)
セッション6.	アジア・太平洋地域の中・下部更新統境界
コンビーナー:三田村宗樹(大阪市立大学),Nadya Alexeeva (シベリア地質研究所)
[参加費] 1万円,学生:5千円
[今後の予定] 2007年9月15日 申し込み締め切り
[問合せ先] 「アジア・西太平洋の第四紀」国際シンポジウム実行委員会事務局
  * ご質問等はE-mailでお願いいたします.
    jaqua50org@m.aist.go.jp(@を半角に直してお送りください)
======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.