The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第178号:
お知らせ1件


==================================================
日本堆積学会 メールニュース ◆2007年3月12日(178号)
==================================================


高知大学海洋コア総合研究センターより,ワークショップのお知らせが届いています.



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
高知大学コアセンターワークショップのお知らせ
  コア解析による古環境復元のための高精度時間軸の確立と問題点
       〜グローバルな古気候復元に向けて〜
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


標記につき開催しますので、奮って参加いただきますよう宜しくお願い致します。
高知大学海洋コア総合研究センターのウェブページにも掲載しております。
 http://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/index.html



日時:
2007年 3月19日(月) 13時〜18時
      3月20日(火)   9時〜12時

会場:高知大学 海洋コア総合研究センター セミナー室(2F)
            〒783-8502  高知県南国市物部乙200
(アクセス等は, http://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/index.html を
ご参照下さい)

主催:高知大学 海洋コア総合研究センター

趣旨
  近年,複数の年代測定法を駆使し、海底コア、湖底コア、雪氷コアなど、多くの
コア研究から様々な環境情報が復元されている。各コアから得られた環境情報
には、精度の高い時間軸を必要とする。特に,各イベントの同時性あるいは前後
性を明らかにし,グローバルな地球環境変動史を復元することが大命題である。
このワークショップにおいて、様々な年代測定法とその問題点に主眼をおき,そ
れらによって明らかにされた総合的な地球環境変動史を探る。

世話人:村山雅史(高知大 海洋コア総合研究センター)
     中村俊夫(名古屋大 年代測定総合研究センター)


<プログラム>

3月19日(月)

13:00-13:10                 趣旨説明
13:10-13:35                 村山雅史(高知大・海洋コア総合研究センター)
海底堆積物の年代決定とその問題点
13:35-14:00                 中村俊夫(名大・年代測定総合研究センター)
加速器質量分析計による14C年代測定と堆積物への応用の諸問題
14:00-14:25                 南雅代(名大・年代測定総合研究センター)
琵琶湖湖底堆積物の堆積年代 −14C,210Pb,137Cs年代−
14:25-14:50                 奥野充(福岡大・理)
炭素14法と熱ルミネッセンス法による噴火史編年
−福岡大学での取り組み-
14:50-15:00                 青木かおり(トロント大)
広域テフラの同定法と噴出年代測定法

(コーヒーブレイク)

15:20-15:55                 佐々木圭一(金沢学院大)・稲垣美幸・大村明雄(金沢大)
αスペクトル230Th234U年代からみた琉球列島における氷期のサンゴ礁
15:55-16:20                 横山祐典(東大・理・地球惑星)
U-series dating on corals using TIMS for climate and geochemical research
16:20-16:55                 中井俊一(東大・地震研究所)
ICP質量分析計によるU-Th放射非平衡年代測定
−原理とその応用−
16:55-18:00                 コアセンター施設見学
19:00-21:30                 懇親会(@高知市街を予定)



3月20日(火)

09:00-09:30                [招待講演]
阿部彩子(東大・気候システム研究センター)
淡水に対する氷期と間氷期の気候システムの応答
09:30-10:00   [招待講演]
川村賢二(東北大・大気海洋変動観測研究センター)
空気のO2/N2比を用いた南極氷床コアの絶対年代推定
〜氷期−間氷期サイクルのメカニズム解明に向けて〜

(コーヒーブレイク)

10:15-10:40                 小田啓邦(産総研・地質情報研究部門)
古地磁気層序と古地磁気強度を用いた高解像度年代層序
10:40-11:15                 入野智久(北大・院・地球環境)
酸素同位体層序 −軌道チューニングにおける誤差要因−
        ーーー   コメント 
(阿波根直一,北大・理学研究科)

11:15-11:40                 白井正明(東大・海洋研究所)
陸から深海への砂の旅 −OSL年代測定法を利用した評価方法−

11:40-12:00                 総合討論(今後に向けて)



○ 問い合わせ先(担当):村山 雅史
                            E-mail: murayama@cc.kochi-u.ac.jp
                            TEL:088-864-6718, FAX:088-864-6727,
======================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;taiseki@sediment.jp
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.