The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第78号:
シンポジウム案内


==================================================================
┏━━┓ 
┃\/┃ 日本堆積学会 メールニュース ◆ 2004年9月30日(第78号) 
┗━━┛ 
==================================================================== 

安藤@事務局(茨城大)です 

産総研の斎藤文紀さんからシンポジウムの案内が来ております. 

=============================================================== 
シンポジウム 
 「私たちの明日を考える:地球史が語る近未来の環境」のご案内 
=============================================================== 

シンポジウムコンビナー:日本学術会議第四紀学専門委員会 
主 催:日本学術会議地質学総合研連第四紀学専門委員会 
共 催:日本学術会議地質学総合研連環境地質学専門委員会 
    日本第四紀学会 
    国際惑星地球年 (IYPE) 対応国内委員会 

<シンポジウムの趣旨・対象・内容> 

 グローバルな地球環境変化や身の回りの環境汚染など,私たちを
めぐる環境は,人間活動の影響によって,今大きく変わろうとして
います.私たちを取り巻く環境をきちんと理解・評価し,環境の
将来像を考えることは,最大の関心事であり,私たちの子孫に対する
責任でもあります. 
 私たちは,今,地球史の中の最後の時代である「第四紀」という
時代に生きています.人類が急速に進化したこと,気候がはげしく
変動したこと,現在の地形や植生が形成されたことなどから,
「第四紀」は,私たちにとって地球史の中で最も関係が深く,重要
な時代です.しかも,この時代の環境変化からしか私たちは近未来
の地球環境についての展望を得ることができません.こうした重要
性のために学際科学としての「第四紀学」「第四紀研究」という
分野が成立し,その成果は多くの学術分野から評価されています. 
 最近20年間に,地球規模の環境変化の研究とも関連して,近い過去
の環境復元の精密化が進展しました.環境変化の,いつ,
どの程度に.どこで,なぜ起こるか,がくわしく解明されるよう
になり,われわれの現在の環境評価の基礎がつくられ,将来の
環境変化の予測にも役立つ正確度が一段と増加してきています. 
 今回のシンポジウムでは,数十万年から数十年の様々な時間
スケールの自然環境変動の中で,現在の地球環境や地域環境を
捉えて,近年の人間活動の影響の評価と,さらに将来の変化を
考えます.今回報告される環境変化の内容と扱う時間は,およそ
次の三つに分けらます. 

 1) 自然環境そのものの変化(10万年前から) 
 2) 自然環境の変化と人間・社会・文化などへの影響(1万年前から) 
 3) 人類から自然環境への影響:近年の環境問題など(数100年前から) 

 このシンポジウムでは,広く一般市民を対象に,このような
第四紀研究の現在の到達点を示すとともに,現在の変化する環境の
中で,人類はどうやって生き延びるのか? の方向性を探る予定
です.また,それを考える科学としての第四紀学の方向性および,
第四紀学がどういうふうに現代社会に関われるかを示したいと考
えています. 

<テーマ> 私たちの明日を考える:地球史が語る近未来の環境 

<日 程> 11月28日(日) 

<場 所> 明治大学アカデミーコモン9階309B 

<シンポジウムコンビナー> 第四紀学専門委員会 

<シンポジウムプログラム> 

午前(1000-1200) 

「シンポジウムの趣旨」岩田修二(都立大)1000-1010 

1)「過去から知る現在と未来の地球環境と第四紀研究」
            町田 洋(学術会議)1010-1045 

2)「氷床コアから明らかになった地球環境変動」
             藤井理行(極地研)1045-1120 

3)「氷床変動−海面変動−地殻変動の相互関係と
地球温暖化による海面上昇」横山祐典(東京大)1120-1155 

午後(1300-1700) 

4)「哺乳類の絶滅史から現在をみる:人類の活動と環境変化
がもたらしたもの」  河村善也(愛知教育大)1300-1335 

5)「海面変動,人間活動とアジアの大規模三角州」
             斎藤文紀(産総研)1335-1410 

6)「日本列島における人為的な土地改変」
             田村俊和(立正大)1410-1445 

 休憩 

7)「溜池や堀の堆積物からたどる都市域の環境変遷史」
   吉川周作・三田村宗樹(大阪市大)   1500-1535 

8)「ハードでソフトな災害対策−火山噴火と大地震の
  近未来予測」  奥村晃史(広島大)   1535-1610 

総合討論(全体に関する質疑応答,他分野からのコメント,
      あるいは将来への提案など)     1610-1700 


  _________   Welcome your visit to our NEW home pages __________ 
Asian Delta Home Page 
    http://unit.aist.go.jp/igg/rg/coast-rg/ADP.html 
Yoshi Saito's Home Page 
    http://staff.aist.go.jp/yoshiki.saito/ 
________________________________________________ 
We welcome your participation, IGCP-475 "DeltaMAP Project" 
      "Deltas in the Monsoon Asia-Pacific Region" (2003-2007) 
Second Annual Meeting will be held in Ho Chi Minh city, Vietnam 
     on January 10-16, 2005. 
*********************************************** 
Yoshiki SAITO (DSc) 

    Co-Leader of IGCP-475 "DeltaMAP Project" (2003-2007) 
    Leader of CCOP "DelSEA project" (2004-2008) 

    Coastal Geology & Environment Research Group, 
    Institute of Geology and Geoinformation (IGG), 
    Geological Survey of Japan (GSJ), AIST. 
    Central 7, Higashi 1-1-1, Tsukuba, Ibaraki, 305-8567, Japan 
    Phone: +81-29-861-3895,  or 861-3772 (room) 
    Fax: +81-29-861-3747 
    E-mail:  yoshiki.saito@aist.go.jp 
GSJ Web site:   http://www.gsj.jp/HomePage.html 
AIST Web Site: http://www.aist.go.jp/ 
Asian Delta Web Page 
    http://unit.aist.go.jp/igg/rg/coast-rg/ADP.html 
Yoshi Saito's Web Page 
    http://staff.aist.go.jp/yoshiki.saito/ 
Coastal Geology & Environment RG Web Page 
    http://unit.aist.go.jp/igg/rg/coast-rg/ 

AIST: National Institute of Advanced Industrial Science and Technology 

*****組織改編に伴い所属名が変わりました******** 
   斎藤文紀 
 独立行政法人 産業技術総合研究所 地質情報研究部門 
 沿岸地質研究グループ長 
    305-8567 つくば市東1-1-1 中央第7 
 電話029-861-3895 (PHS),861-3772 (部屋),Fax 029-861-3747 

=====================================================================
このマガジンは下記のアドレスへ配信しています。 $email 不達マガジンは随時アドレスリストから削除します. ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■ 日本堆積学会 事務局 taiseki@sediment.jp         ■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 茨城大学理学部地球生命環境科学科内 〒310-8512 水戸市文京2-1-1 TEL: 029-228-8391 (安藤), 8238 (牧野), 8268 (伊藤) FAX: 228-8405 Web site: http://sediment.jp/

上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.