The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク
関連トピックス

堆積学会メルマガ809号:
  堆積学ワークショップin KCC(Charles K. Paull氏ワークショップ&レクチャーツアー企画)のお知らせ



================================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2018年5月11日(809号)
================================================================


日本堆積学会会員の皆さま

堆積学会メルマガ803号でお知らせしましたCharles K. Paull氏ワークショップ&
レクチャーツアー企画の1つ,「堆積学ワークショップin KCC」のお知らせです.
(ポスターはこちら http://sediment.jp/08related/180529WS.pdf )
皆様のご参加をお待ちしております.

*****************************************
堆積学ワークショップ in KCC

日時:2018年5月29日(火)14時〜17時
会場:高知大学海洋コア総合研究センター セミナー室
プログラム:
14:00-15:00
Charles K. Paull (モンテレイ湾水族館研究所(Monterey Bay Aquarium Research
	Institute)): Direct measurements of the evolution and impact of
	sediment gravity flows as they pass through Monterey Submarine Canyon,
	offshore California
15:00-15:30
浦本豪一郎(高知大学海洋コア総合研究センター):Mineralogical and geochemical
	characteristics of manganese mineral particles in the South Pacific Gyre
	sediment(南太平洋還流域の堆積物に含まれるマンガン鉱物塊の鉱物学的・地球
	化学的特徴について)
15:30-16:00
奥村知世 (高知大学海洋コア総合研究センター):Formation processes of brucite-
	carbonate chimneys at the Shinkai Seep Field, southern Mariana forearc
	(南部マリアナしんかい湧水域で発達するブルーサイト・炭酸塩チムニーの発達過程)
16:00-17:00 ポスターセッション&KCCツアー

主催:高知大学海洋コア総合センター
後援:日本堆積学会
問い合わせ先:池原 実(高知大学海洋コア総合センター
				ikehara_at_kochi-u.ac.jp(_at_を@に換えてください)
*****************************************
*ワークショップ終了後,19:00より高知市内にてPaull氏を囲んで懇親会(会費制)を行います.
  懇親会参加ご希望の方は,5/20までに上記問い合わせ先宛にご連絡ください.

================================================================

# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本堆積学会 事務局
〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
福岡大学理学部地球圏科学科地球科学分野(石原与四郎)内
メールアドレス: 
ホームページURL: http://sediment.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 

INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2003- The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.