The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク
関連トピックス

堆積学会メルマガ688号:
 特別セミナー(7/26 Jon Woodruff氏,Univ. Massachusetts)のお知らせ



================================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2016年7月9日(688号)
================================================================

下記の通り,7月26日にマサチューセッツ大学 のJon Woodruff氏による特別セミナーを開催します.
Woodruff氏は,日本周辺をはじめとして太平洋と大西洋沿岸の堆積物に基づいた過去のストームや津波に
よる浸水イベントの研究に携わっておられます.今年の1月から,フルブライト・プログラムにより,
1年間の予定で九州大学に滞在中です.今回は,1707年の宝永地震の津波と元寇の神風で知られる13世紀
後半の台風による堆積物の,四国と九州での研究についてお話しいただきます.

事前登録は不要ですので,皆様ご参加ください.外部からお越しいただく場合は,当日の10時20分までに
産総研つくばセンター第七事業所の玄関で 受付をしてください.
不明な点については,田村 (toru.tamuraaist.go.jp)までお問い合わせください.

日時:2016年7月26日(火)10時30分〜12時00分
場所:産業技術総合研究所つくばセンター第七多目的会議室(7-1-532)
講演者:Dr. Jonathan D. Woodruff (University of Massachusetts, Amherst)
題目:Depositional evidence of severe typhoons and tsunamis from Kyushu and Shikoku, Japan
要旨:There is a pressing need for reconstructions of extreme flooding that extend beyond short instrumental datasets.
Historical records of flooding in Japan extend back over a millennium and document floods far greater than in modern
instrumented observations. For example, the Hoei tsunami of C.E. 1707 is largely thought to have been one of the largest
historical waves to impact eastern Kyushu and southern Shikoku, with relic monuments documenting flood heights in excess
of 10 m. With respect to storms, typhoons linked to the failure of Mongol invasion in 1274 and 1281 CE are among the most
legendary in the country. Significant uncertainty exists, however, with respect to the accuracy of earlier human accounts
of these flood events. Here we present an analysis of flood-induced event deposits from a network of coastal ponds in
Kyushu and southern Shikoku in order to provide an independent evaluation of the 1707 CE tsunami and the two late 13th
century typhoons. We find prominent deposits that date to the timing of each of these three separate events. Our results
not only provide support for the severity of the 1707 tsunami and Genko typhoons, but also insight into climatic and tectonic
forcing linked to these events.


===============================================================

# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本堆積学会 事務局
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1中央第七
産業技術総合研究所地質調査総合センター(田村 亨)内
メールアドレス: 
ホームページURL: http://sediment.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2003- The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.