The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク
関連トピックス

堆積学会メルマガ640号:
 堆積学スクール2015「堆積学におけるデータ解析」開催のお知らせ─第0報─



================================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2015年9月9日(640号)
================================================================



堆積学スクール2015「堆積学におけるデータ解析」開催のお知らせ─第0報─

堆積学スクール「堆積学におけるデータ解析」の第0報をお届けします.今回のスクールは2011年に実施された
堆積学岩石学に関係するスクールの第二弾として実施するものです.堆積学岩石学における統計的解析法の基礎を学ぶ
良い機会ですので,奮ってご参加ください.申し込み,参加費等についての詳細は,9月下旬〜10月初旬に
メルマガで配信される第1報をお待ちください.
タイトル:「堆積岩岩石学におけるデータ解析」

場所:早稲田大学 早稲田キャンパス

講師:太田 亨氏 (早稲田大学)

日程:12月12日(土)午後1時開始〜12月13日(日)17時終了予定

定員:20名

内容

 本スクールは,堆積岩岩石学スクールの第2回目として,鉱物組成,化学組成,粒度組成データなどの基礎的な
統計解析の手法を学ぶことを目的としている.最初に,堆積岩岩石学の抱えている問題点を解説し,その問題点の
解決法や将来展望を議論していく.本スクールでは,堆積岩岩石学に必要な統計学の基礎から,最新の組成データ
の解析法を理解できるように講演を構成しているので,統計学の初学者の参加も歓迎する.
 堆積岩岩石学で利用される鉱物組成,化学組成,粒度組成などのデータは,パーセントデータ(もしくはppm,ppb)で
与えられることが多い.このような形式のデータは扱いが厄介であり,解釈を与える際には十分な注意を要する.
本スクールでは,このようなデータの最新の解析方法を,数学的記述を最小限に留めながら,視覚的に理解できるように
解説する.同時に,演習形式で実際のデータを解析し,参加者が以下のような解析を実践できるようになることを目指す.

1.組成データの信頼領域計算方法

2.組成データの変化トレンド解析方法

3.組成データから絶対量変動の復元方法

参加者の事前準備:

1.ExcelとRがインストールされているノートパソコンの持参(数台に限り,行事委員会で貸し出しも可能).

2.解析してみたい手持ちのパーセントデータがある場合は,データも用意していただくのが望ましい(10個以上の
サンプルがあるデータが望ましい).    

* 今年度も合宿形式のスクールとはしませんので,各自で宿の確保をお願い致します.




================================================================

# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本堆積学会 事務局
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1中央第七
産業技術総合研究所地質調査総合センター(田村 亨)内
メールアドレス: 
ホームページURL: http://sediment.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2003- The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.