The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ485号
日本堆積学会2013年千葉大会のお知らせ-第2報-



=================================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2013年4月2日(485号)
=================================================================

------------------------------------------------
日本堆積学会2013年千葉大会のお知らせ-第2報-
------------------------------------------------

2013年4月10日〜15日に千葉大学で開催いたします,日本堆積学会2013年千葉大会の第2報をお届けします.
・大会の各種申し込みは締め切りました
・大会プログラムが公開されました
・参加費について
・大会中の食事
・ポスター講演,口頭講演に関する注意
・フィールドセミナーについて
・巡検について

<各種締め切り案内>
千葉大会の各種申し込みは,3月29日で締め切りました.お申し込みありがとうございました.

<大会プログラム公開>
大会のプログラムが公開されました.
以下のページからご覧ください.
プログラムpdfファイル
http://sediment.jp/04nennkai/2013/13program.pdf

<参加費について>
千葉大会の参加費が決定しましたのでお知らせします.
・大会参加費
一般会員 2,000円,会員学生・院生 1,000円
非会員 3,000円,非会員学生 2,000円

・印刷版講演要旨集(申し込みの方のみ)
1冊 1800円

・懇親会
事前申し込み
一般会員 4500円,会員学生・院生 1500円
当日申し込み
一般会員・非会員 5500円,非会員学生・院生 2000円

<大会中の食事について>
 千葉大学の食堂は,土・日曜日は営業していません.JR西千葉駅ならびに京成みどり台駅とけやき会館との間にはコンビニ,食堂,スーパーがありますのでこれらもご利用ください.

<ポスター講演・口頭講演に関する注意>
<口頭発表>
*口頭発表は発表12分,質疑応答3分です.発表時間を厳守して下さい.
*口頭講演は液晶プロジェクターの使用を標準とします.ただし,OHPが必要な方がおられる場合は用意いたしますので,その旨を必ず4月5日までに申し込みアドレス宛にお知らせ下さい.会場側でパソコン(Windows, Macintosh)を1台ずつ用意します.口頭発表される方はファイルの入ったCDもしくはUSBメモリを持参下さい.なお,持参いただくメディアおよびファイルにつきましては,ウィルス対策ソフトの最新定義で事前にチェックを頂きますようお願い致します.ファイルは遅くとも講演前の休憩時間までに会場のPCに直接コピーしてください.心配な方はご自分のパソコンを持参ください.
<ポスター発表>
*ポスターは13日と14日の2日間に渡って掲示することができます.ポスター1件あたりの展示可能スペースは縦180 cm,横90 cmです.ポスターには,必ずポスター番号を記入して下さい.はぎ取りなど重量物の展示を希望される方は,4月5日までに申し込みアドレス宛(ssjspml.fukuoka-u.ac.jp)にお知らせ下さい.
*ポスター発表のショートトークは1人1分以内でお願いします.液晶プロジェクターを使用して発表する場合,使用するスライドはタイトルスライド以外に1枚でお願いします.なお講演を円滑に進めるために,用意して頂いたスライドはあらかじめこちらで1つのファイルにとりまとめます.4月5日までに講演の申し込みアドレス宛に,パワーポイントファイルを送付いただくようお願い致します.

<フィールドセミナーについて>
4月10日(水)12:00 JR千葉駅発-18:00 JR千葉駅着(予定)
午後(1)陸棚域に形成された海底谷埋積物
  (2)砂質陸棚堆積物のシーケンスと脱水構造
4月11日(木)8:30 JR千葉駅発-18:00 JR千葉駅着(予定)
午前(1)サンドリッジ堆積物の内部構造と堆積サイクル
  (2)外側陸棚堆積物の堆積サイクル
午後(1)陸棚外縁三角州堆積物の内部構造
  (2)陸棚外縁三角州前縁で形成されたハイパーピクナイト
4月12日(金)8:30 JR千葉駅発-18:00 JR千葉駅着(予定)
午前(1)海底谷で形成された粗粒ベッドフォーム
  (2)海底扇状地堆積物のシーケンス層序
午後(1)海底扇状地チャネル末端部での堆積作用
  (2)タービダイト?デブライトの時空変化
  (3)砂質コンターライト

集合場所:JR千葉駅東口より東へ300 m直進,NTT東日本千葉支店前.
※セミナー中の昼食などの飲食物は各自でご準備下さい.
※3日間の解散場所は交通状況によりJR蘇我駅に変更される可能性あります.
※長靴は必ずしも,必要としません.水に入らなくて良い場所のみの見学ですので,トレッキングシューズなどで十分です.ヘルメットはこちらで人数分用意いたします.また,ハンマーは不要です.ねじり鎌をお持ちの方は持参下さい.
※10日は昼食を取ってからお集まりください(バスの中で取られてもかまいません).

・参加費(バス代,資料代,保険代,諸経費)
 一般(会員,非会員):10,000円
 学生(会員,非会員):6,000円

◎参加者の皆様には保険について等,別途お知らせをいたします.

<巡検について>
15日 8:30 JR千葉駅発
   18:00 JR千葉駅着(予定)
4月15日(月)8:30 JR千葉駅発-18:00 JR 千葉駅着(予定)
午前(1)野島崎周辺の野島崎凝灰質礫岩
     3.5 Maの相模トラフに発達した粗粒ベッドフォームの特徴
  (2)白間津層のシロウリガイを含むインジェクション
午後(1)白浜層のシート状タービダイト
     相模トラフでの混濁流の反転とポンディング
  (2)白間津周辺の白間津層
     生痕化石に記録された深海生物の行動様式

集合場所:JR千葉駅東口より東へ300 m直進,NTT東日本千葉支店前.
※昼食などの飲食物は各自でご準備下さい.
※解散場所は交通状況によりJR蘇我駅に変更される可能性あります.

・参加費:4000円
◎参加者の皆様には保険について等,別途お知らせをいたします.

<大会に関するお問い合わせ先>
石原与四郎(行事委員長):ishiharafukuoka-u.ac.jp
(SPAM対策の為メールが削除される事があります.お問い合わせ後3平日以内に返信がない場合は,お手数ですがFAXにて再送願います.092-871-6631(内線6286)または092-865-6030(事務室Fax)) なお,こちらでは各種申し込みの受付はいたしません.



=====================================================
# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本堆積学会 事務局
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学理学部地質学鉱物学教室内(成瀬)
メールアドレス:  
ホームページURL: http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2011 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.