The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ397号:
惑星地質シンポジウム開催案内



==========================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2011年7月5日(397号)
==========================================================

-------------------------------
惑星地質シンポジウム開催案内
-------------------------------

千葉工業大学後藤会員より,惑星地質シンポジウムの開催案内です.
日本が将来打ち上げを予定している火星探査計画の中で,ローバー(自走探査機) を用いた火山岩または堆積岩の地質調査が検討されております.火星の地質研究 は露頭レベルの調査ができるようになってきており,着陸地点の選定や探査計画 の立案に,地質学者の貢献が期待されております.ところが,地質学者にとって は,惑星探査計画や惑星地質学は,大いに興味が持たれる分野であるにもかかわ らず,その現状を知る機会がなく,参入が容易でないのが実状です.
そこで,惑星探査,惑星地質学の最先端研究を行っている研究者と地質学者が情 報交換をできる場として,惑星探査研究センターでは,11月初旬に,北九州国際 会議場で「2011年 PERC惑星地質学フィールドシンポジウム(2011 PERC Planetary Geology Field Symposium)」を開催します.会議では,惑星地質学 に関連した発表に限らず,惑星地質学者にとって地球の地質を知る場でもありま す.そのため,分野を問わず,ぜひ地球上での地質研究のご発表をお願いできれ ばと思います.また,欧米の惑星探査計画,惑星地質学の中心的研究者を複数名 招く予定で,日本では聞くことができない最先端の研究成果を聞くこともできま す.
シンポジウムに引き続き,堆積学会基金の支援を受けまして,別府,阿蘇,雲仙 などで現地巡検を行います.通常の地質巡検とは異なり,惑星探査を見据えた比 較惑星地質学が焦点となります.例えば,阿蘇山での惑星探査ローバーの走行テ ストなども実施する予定です.
ぜひとも,シンポジウム,巡検へのご参加をご検討頂ければ幸いです.

【2011年 PERC 惑星地質学フィールドシンポジウム公式ウェブサイト】
http://www.perc.it-chiba.ac.jp/meetings/pgfs2011/

日程:シンポジウム 2011年11月5〜6日,巡検 11月7〜9日
シンポジウム開催場所:北九州国際会議場
参加費:シンポジウム 一般8000円,学生5000円
巡検 35,000円(定員40名)
(学生旅費支援の申込みを受け付けています.詳細はweb siteに.)
アブストラクト,登録〆切:8月31日
ご意見・ご質問:pgfs2011perc.it-chiba.ac.jp
このメールは転送自由です.複数回受け取られました方はどうかご容赦ください.


=====================================================
# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本堆積学会 事務局
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1−33
千葉大学理学部地球科学科堆積学分野内(成瀬)
メールアドレス:  
ホームページURL: http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2011 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.