The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ392号:
IAS通信(2011.6.07)



==========================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2011年6月8日(392号)
==========================================================

---------------------
IAS通信(2011.6.07)
---------------------

IAS(International Association of Sedimentologists;国際堆積学会)より, 最新New Letter No.234電子版,ならびに来年度のIAS Meetingに関する情報のご 案内を差し上げます.New Letterには,多くの国際的学会情報が掲載されていま すので,活用していただければと思います.
特に,本年は下記のSummer Schollが開催されます.まだ申込に間に合います. IASでは,学生の方々に種々のグラントを用意していますので,是非,参加につ いてご検討いただければと思います.

4th IAS International Summer School
   Theme: Carbonate Reservoirs: Sedimentology, Diagenesis and Fracturing
   Venue: Saranda, Southwest Albania
   Date: 18 to 25 September 2011
   Deadline: 30 June 2011, acceptance deadline 10 July 2011

International School on Carbonate Sedimentology
   Theme: INCEPTION AND DEMISE OF CARBONATE DEPOSITIONAL SYSTEMS”
   Venue: Caserta,Italy
   Date: 22-26 September 2011
   Deadline: 15th July 2011

なおIASならびに会議・集会に関するより詳細な情報については,
   http://www.sedimentologists.org/
をご参照ください.

IASでは,新規会員を随時受け付けております.会費は,
   Full Member 25ユーロ(Sedimentology Printed version + 5ユーロ)
   Student Member 10ユーロ(Sedimentology Printed version + 5ユーロ)
と極めて格安です.まだ会員でない方は,是非,これを機会にIASに参加しませんか?

IASについて,ご不明の点がありましたら,遠慮なく下記までお問い合わせくだ さい.よろしくお願いいたします. 

                    以上

問合せ先:
熊本大学 松田 博貴(IAS, Vice President; hmatsci.kumamoto-u.ac.jp)
産総研  小松原純子(IAS, National Correspondent; j.komatsubaraaist.go.jp)

添付ファイル:
Announcement in IAS NwLtr234 - June 2011.pdf (0.15MB)
IMS2012 29th IAS Meeting of Sedimentology in Schladming - internet.pdf (3.2MB)
Newsletter234_web new.pdf (2.0MB)

=====================================================
# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
# メルマガのバックナンバーは堆積学会ホームページからご覧いただけます.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本堆積学会 事務局
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1−33
千葉大学理学部地球科学科堆積学分野内(成瀬)
メールアドレス:  
ホームページURL: http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


INDEX 戻るボタン HTML用ひながた -ahref.org-
上へ
©2011 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.