The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第212号:
連合大会講演募集のお知らせ



========================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2008年1月22日(212号)
========================================================

 メルマガ211号の訂正とお詫び、連合大会講演登録のご案内をお送りします。


-----------------------------
メルマガ211号の訂正とお詫び
-----------------------------

 メルマガ211号の「各専門委員会の構成」の中で、編集委員の氏名に下記の誤りがありました。

(誤)角和義隆
(正)角和善隆

 角和様にはお詫びすると共に、会員のみなさまは訂正をお願いします。(事務局)



------------------------------------------------
2008年の地球惑星科学連合大会の講演登録のご案内
------------------------------------------------

 2008年の地球惑星科学連合大会の講演登録が始まりました.今年も堆積学会を提案母体とする
レギュラーセッション(地質学会と共催)「堆積物・堆積岩から読みとる地球表層環境情報」を
開催いたします.皆様,奮ってご参加をお願いします.

日本地球惑星科学連合2008年大会 http://www.jpgu.org/meeting/

 2008年5月25日(日)〜30日(金)
 幕張メッセ国際会議場

 早期(割引)投稿締切 : 2008年2月 1日(金) 17:00
 最終投稿締切        : 2008年2月 7日(木) 正午12:00
 事前(割引)参加登録 : 2008年4月11日(金) 正午12:00


<重要!> 投稿料金は,新規投稿を終えた時点で課金されます.その後内容を変更しても料金は変わ
りません.参加が確実な方はぜひ活用しましょう.


 レギュラーセッション「堆積物・堆積岩から読みとる地球表層環境情報」の概要は以下のとおりです.

 セッション名:堆積物・堆積岩から読みとる地球表層環境情報
 短縮名:堆積と表層環境
 セッション記号:G120
 コンビーナ:大村 亜希子,後藤 和久,坂井 三郎,白井 正明
 概要:堆積物・堆積岩からその形成過程を読み取り,地球表層環境を復元する。陸成から深海成まで,
現世から先カンブリア時代まで,砕屑岩から炭酸塩岩・有機質岩まで,あらゆる堆積物・堆積岩を研究
対象とする。また堆積盆の形成プロセス,堆積物の続成作用,実験的研究なども積極的に取り上げる。
これらの議論に関して,地形学的,生物学的,海洋地質学的,地球物理学的,地球化学的観点からの切
り込みを大歓迎する。
--------------------------------------------

# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 日本堆積学会 事務局
  〒582-8582 大阪府柏原市旭ヶ丘4-698-1
         大阪教育大学地質学研究室
   メールアドレス: 
   ホームページURL:http://sediment.jp/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

INDEX 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220
上へ
©2008 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.