The Sedimentological Society of Japan
日本堆積学会 会員ページ
HOME
E-mail
学会概要
入会案内
集会案内
出版物
会員ページ
関連組織へのリンク

堆積学会メルマガ第204号:
お知らせ1件


==================================================
日本堆積学会 メールマガジン ◆2007年11月5日(204号)
==================================================



 堆積学スクール2007「コア解析法入門」(11月15〜18日開催)に,定員まで若
干の余裕が残っているとのことです.参加申し込みの締切りは本日11月5日まで
でしたが,もうしばらく受付期間を延期します.下にメルマガ201号の「コア解析法
入門」記事を再掲しておきますので,申し込みを忘れていた方,記事に気づかなか
った方,今からでも間に合いますのでお申し込みください. 

 なお,日本堆積学会次期役員選挙の投票〆切は11月10日(必着)となっており
ます。遅くとも,明後日(11/7)までにご投函くださるようお願いします.その際は
お手数ですが,80円分の切手の貼付をお忘れなく!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
堆積学スクール2007「コア解析法入門」開催のお知らせ(再掲載)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 日本堆積学会では,昨年,一昨年と大好評だった堆積学スクールを今年も下記
要領にて計画しています.堆積学スクールは,堆積学の普及とレベルアップを目的
とした初学者向けの学習の場です.地層や地形に興味のある方,川や海が好きな
方,地質学をこれから学ぼうとしている方,地球科学系の理科教育に携わっていら
っしゃる方,堆積研究にこれから邁進してみたいと思っている方などなど,どなた様
もお気軽にご参加ください.
 なお,今年度の堆積学スクールは,日本掘削科学コンソーシアム(J-DESC)の協
力をいただいて実施いたします. 

1.テーマ:「コア解析入門」 
 地球深部探査船「ちきゅう」による本格的な掘削航海がスタートしました。統合国
際掘削計画(IODP)は,日本も主体となって進めている地球科学における大規模な
国際研究プロジェクトです。このプロジェクトで最も重要な役割の一つが,
「Sedimentologist」として乗船する研究者による掘削コアの詳細な記載・分析と
解釈です。今回の堆積学スクールは,今後のIODPで活躍が期待される堆積学研
究者の育成の一環として,高知コアセンター(高知大学とJAMSTECの共同運行)
にご協力をいただき,コア解析方法の基礎を修得することを目指しています。特に
,1)音波探査による地形データ取得,採取されたコアデータとロギングデータの比
較・検討に関する特別講義,2)コアの肉眼記載や非破壊計測の講義と実習,3)堆
積物粒子の解析に関する講義と実習,などにより,観察対象とされるコアに基づく
堆積作用,堆積環境,シーケンス層序などの議論を行う予定です.

2.講師:池原研(産総研)・村山雅史・池原実・山本裕二(高知大学)
     坂本竜彦・久光俊夫(JAMSTEC)多田井修・松岡淳(MWJ)
  巡検案内:近藤康生(高知大学)

3.日時:11月15日(木)午後1時から11月18日(日)午後3時過ぎ頃まで

 15日(木) 午後1時開始 
       Seismic/Core/Loggingの基礎に関する特別講義(講師は交渉中)
 16日(金) 終日 コア観察と非破壊計測方法の実習
 17日(土) 午前 帯磁率異方性と粒度組成
    	  午後 まとめと施設見学
 18日(日) 穴内層・登層(中新統〜鮮新統)の巡検
       午後3時過ぎ頃解散 

4.会場:高知コアセンター(高知県南国市物部乙200)
    (高知大学海洋コア総合研究センター&海洋研究開発機構高知コア研究所の
共同運行)

5.宿泊場所:芸西村の家 (〒781-5701 高知県安芸郡芸西村和喰甲4525)
       Tel.0887-33-2894,Fax.0887-33-3463
      (送迎付き;1泊2,520円,朝食600円,夕食1,100円)

6.定員:30名.定員になり次第締め切ります.

7.参加費:学生・院生(特別研究員を除く) 1,500円,一般3,000円.
  参加人数により多少変わる場合がありますことを,ご了承下さい.現地にて徴収し
ます.

8.申し込み:下記申込先にメールで申し込んで下さい(定員になり次第締め切り).
  件名は「堆積学スクール2007申し込み」とし,本文中で下記を明記して下さい.

  (1)氏名
  (2)性別
  (3)所属先
  (4)宿泊希望の有無(宿泊を希望する場合,到着日,出発日を明記)
  (5)学生・院生の方はそのことも明記してください.
  (6)備考:研究の背景(学部生で全く素人,研究船乗船経験有りなど)を書いて
ください.


  申し込み先:
      murayamacc.kochi-u.ac.jp (村山 雅史,高知大学海洋コア総合研究
センター)


9.問い合わせ先:

  日本堆積学会行事委員会
   武藤鉄司(長崎大学環境科学部 tmutonagasaki-u.ac.jp)
   伊藤 慎 (千葉大学理学研究科 mitofaculty.chiba-u.jp)

  高知コアセンター世話人
   村山雅史(高知大学海洋コア総合研究センター murayamacc.kochi-u.ac.jp)
   菊田宏之 (JAMSTEC高知コア研究所 kikutajamstec.go.jp)



※ 開催場所への交通などについては
http://www.kochi-u.ac.jp/marine-core/index.htmlを参照ください。


# 不達メールアドレスは随時配信リストより削除します.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 日本堆積学会 事務局
  〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3番1号
  東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 
   メールアドレス;
   ホームページURL;http://sediment.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

INDEX 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
上へ
©2003 The Sedimentological Society of Japan. All rights reserved.